Mac ストレージの「その他」が逼迫した場合の調査 (スマートフォルダー検索)

Mac ストレージの「その他」が逼迫した場合

結論からお話ししますと「スマートフォルダー」の検索機能を利用することで容量を逼迫しているファイルを特定することができました。

Mac その他 削除」で検索するとMacのキャッシュをクリアするなど、アプリをインストールしてファイル整理するなどの情報が出て来るかと思います。

私もアプリのインストールまではしなかったのですが、セーフモードで起動させてキャッシュをクリアしたり、 Spotlight のインデックスを再作成 したりしましたが、その他の容量が空くことはありませんでした。。

「その他」の領域とは

  1. PDF、.psd、.doc などの書類
  2. macOSシステムと一時ファイル
  3. ユーザーキャッシュ、ブラウザキャッシュ、システムキャッシュ等のキャッシュファイル
  4. .zipや.dmgなどのディスクイメージとアーカイブ
  5. アプリのプラグイン拡張機能
  6. macOSの主要なカテゴリに分類されない全てのもの

引用元: Macのストレージの”その他”についての解説とその削除方法 – 7つの手順とガイド

Mac で分類できないファイルのようです。

どの領域が容量を使っているか スマートフォルダーで検索

1.ストレージ全体の容量を確認

「このMacについて」→ 「ストレージ」から全体の容量を確認します f:id:Yukisat:20210223074443p:plain

2.整理可能なファイルを確認

「管理...」をクリックするとおすすめの整理方法が表示されます。 まずはここで不要なファイルを整理します。 f:id:Yukisat:20210223074503p:plain f:id:Yukisat:20210223074532p:plain

3.Finder で新規スマートフォルダーを作成 f:id:Yukisat:20210223074537p:plain f:id:Yukisat:20210223074546p:plain

4.スマートフォルダーの検索条件を追加 f:id:Yukisat:20210223074553p:plain

f:id:Yukisat:20210223074610p:plain

f:id:Yukisat:20210223074614p:plain

ということで私の場合は、Docker.rawが犯人でした。

不要ファイルを整理したり、長いことハマっていたのですが、スマートフォルダーの存在に気づくといろいろな記事が見つかりますね(^^;;

ファイルの削除の前にバックアップ取得はお忘れなく!

現場からは以上です( ̄ー ̄)ゞ

参考記事: https://apple-teach.com/macroom/storage-shortage/